会社方針/輸送の安全に関する取組 30年度

*輸送の安全に関する基本方針


株式会社彩京リムジンでは、「安全は全ての業務に優先する」という社長コミットメントのもと

社員の安全教育意識改革、安全対する投資・コンプライアンス並び地球環境に優しいエコドライブの推進により

輸送の安全確保のため役員・全社員が一丸となって

*輸送の安全の確保が最重要であるという意識の徹底

関係法令及び安全管理規定に定められた事項の遵守

*輸送の安全に関する設備投資を積極的に行う努力・教育及び研修の計画を策定し適確に実施する

     株式会社 彩京リムジン

                       代表取締役  山下 浩幸
                 

*30年度輸送の安全に関する目標 /  29年度事故に関する統計

平成29年4月1日~平成30年3月31日 株式会社 彩京リムジン

                                          安全統括責任者 代表取締役 山下 浩幸
                                                  平成30年4月1日

    平成30年度目標             平成29年度実績

        1.重大事故  「0件継続を続けます」               重大事故発生件数 0件

        2.人身事故  「0件継続を続けます」               人身事故発生件数 0件

        3.物損事故件数「0件を目指します」                物損事故発生件数 8件

        4.交通違反  「0件を目指します」                車内事故発生件数 0件

        5.車両故障  「0件を目指します」                交通違反発生件数 2件

        6.健康起因事故「0件継続を続けます」               車両故障発生件数 0件
                                                               

*自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計も含む・物損事故は有責事故のみカウント

 

*30年度安全に関する計画/目標を達成するための計画の策定

1.代表取締役・役員の安全性への取り組み

 社長自ら先頭に立ち現場に赴き、安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し「安全最優先」の意識を  徹底させる。

 車庫・配車場所をはじめ運行中のバスの監視、休憩地・宿泊先なども含め乗務員の巡回指導にあたる。

 代表取締役、役員が積極的に安全に関するセミナー等に参加し、社内全体で安全に関する意識を改革する。

2.輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うように努めること。

 全車両ドライブレコーダー装着の効果によりヒヤリハット事故画像による交通事故防止教育の充実!

 アルコールチェッカーのPCモバイルによる記録機導入により宿泊先を含めた飲酒行為の抑制!

3.輸送の安全に関する内部監査制度の実施・バス協会コンサルティング等を積極的に活用し必要な是正措置又は予防措置を講じること。

4.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。

 乗務員会議・運行担当者会議などへの積極的に参加し情報の伝達・共有する。

5.輸送の安全に関する安全講習会への参加など教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、適確に実施すること。

6.健康診断・SAS診断、過労防止・労働基準法の順守など乗務員が笑顔で働ける職場づくりをめざす。

 

*輸送の安全に関する予算30年度

運転適性診断・管理者講習費    150,000円

SAS診断料金         25人× 5,000円 =   125,000円     健康診断受診費        300,000円

講習会等/業務委託費                    150,000円

新車小型車両 5台購入費              = 40.000,000円                合 計 40,725,000円